1. TOP
  2. お役立ち
  3. 肌トラブルの原因!?顔のうぶ毛、ムダ毛を処理のNG行動・正しい処理方法でメイクノリをアップ!

肌トラブルの原因!?顔のうぶ毛、ムダ毛を処理のNG行動・正しい処理方法でメイクノリをアップ!

 2017/10/28 お役立ち 美容
この記事は約 7 分で読めます。

女性の顔にムダ毛はいらない!
顔の毛を処理をしないと綺麗に化粧をしても完成するとうぶ毛が目立ったりするため、お手入れは欠かせません。

大丈夫だろう、と放っておくと顔の印象も変わってしまうこともあるためしっかりと顔のムダ毛の手入れが必要です。

 

顔のムダ毛を処理することで生まれる嬉しい効果


顔のムダ毛といえば、頬やおでこ、口周辺や顎、もみあげなどです。
眉毛もムダ毛と言える部分が出てきてしまうため、顔のほとんどにムダ毛が生えると言って良いのです。
顔のムダ毛である産毛は、うぶ毛によって顔に影ができたりくすんで見えてしまうデメリットがあります。

そのためムダ毛処理をしないと化粧ノリが悪くなり、印象が悪くなることがあります。
女性だから顔には毛が生えない、なんて思っている男性も中には多くいるため、処理忘れで口周りに毛が生えていたら…。男性は結構ショックを受けることもあります。

一本太い毛が生えているだけでも、気づく人は気付きます。
そのため油断せずにしっかりと丁寧なケアを行っていなければ、引かれている可能性だって否めません。

しっかりと処理することによって生まれる嬉しい効果があります。

 

・顔が明るく見える
ムダ毛が生えていると顔がくすんで見えがちのため、処理をしっかりすることで肌を反射しやすくなるため毛穴が目立たなくなります。
目立たなくなることによって美肌効果が生まれます。

 

・毛穴を小さくする
方法によっては脱毛をすることによってですが、太いうぶ毛が生えている状態だと毛穴が小さくなることはなくブツブツした毛穴が目立つこともあります。
そのため脱毛などで顔のムダ毛を処理することで毛穴自体も小さくなり肌が綺麗になります。

 

・化粧ノリをよくする
毛が多くある状態だとベースメイクがうまく乗らないため、なかなか思ったような綺麗な肌を手にすることはできません。
ファンデーションを綺麗に見せ、透明度のある綺麗な化粧の完成状態を目指したければ、しっかりとムダ毛処理を行うことが大切。

 

・スキンケアの浸透力が上がる
うぶ毛が生えているとスキンケア製品の浸透力を妨げることになるため、ムダ毛を処理することで化粧水などの浸透力も上がり、肌の潤いも上がり肌のザラザラ感も当然減らすことができます。

・角質が取れて透明感がアップ
カミソリなどで正しい方法でしっかり処理することで、うぶ毛とともに古い角質を取ることができます。

 

・ニキビ予防にもつながる
皮脂や汗がうぶ毛に絡みつくと、毛穴に詰まってしまうことがあります。それがニキビになる原因の一つにもなるため、顔のうぶ毛を綺麗にすることがニキビ対策になります。

 

このように顔のムダ毛をしっかり処理することを意識することで、嬉しい効果が生まれます。
総合的に言えるのは、ムダ毛であるうぶ毛をしっかり処理をすることで、美肌効果が生まれる!ということです。

薄い毛でぱっと見は見立たないとしても、顔は一番人から見られる部分ですので剃ることでさらに印象が上がることを考えると顔のうぶ毛の処理をすることを心がけるとよいでしょう。

顔以外だけの脱毛を心がけたって、顔のうぶ毛が生えているのなら尚更処理は必要です。

 

 

顔のムダ毛のおすすめ処理方法

顔のムダ毛の処理方法、まずポイントとしては、毛穴をしっかり広げてから処理することでより綺麗に剃った後顔を綺麗に見せることができます。

毛穴を広げるには、蒸しタオルやなどで毛穴を広げてから自己処理を行うこと。
面倒ですが、肌荒れを防ぐことにもつながるためできるならばできた方が良いです。

そしてメイクしたままの状態だったり皮脂が多くある状態だと汚れが毛穴に詰まってしまいニキビや炎症を起こしてしまう可能性があるため、必ず清潔な状態で行うことです。

 

カミソリを使用

カミソリは事故処理の中でも一番ポピュラーな方法ですが
正しい方法でカミソリを使わなければいけません。

正しい方法で使用しないと肌のトラブルの原因へとなってしまいますので注意が必要です。

・必ず専用のシェービングクリームを使用する。
・毛の流れ沿って剃る
・力をあまりかけないように剃る
このことをしっかり意識して剃っていきましょう。

顔の全体の処理をおこなう時は顔に傷がつかないようにするためガードのついたタイプの方がおすすめですが剃り残しも起きやすい。

I字・L字タイプのカミソリはカミソリの形がシンプルにできているので、非常に剃りやすく確認しながらできるのでおすすめ。

場所で気には眉や上顎部分など確認しながら剃ることが必要な部分には分かりやすいカミソリを使用するとやりやすいです。

カミソリのデメリットは傷をつけてしまう可能性が少なからずあることですが、シェーバーだけですと剃り残しができてしまうため、顔の隅々まで剃り残しがなく処理をしたい場合はカミソリを使用すると良いです。
細かい部分を剃る時にカミソリを使用するのが一番確実です。

 

電気シェーバー

電気シェーバーはカミソリよりも安全に顔のムダ毛を剃ることができます。
肌を傷つけずに剃れるのでおすすめですが、剃りのこしが生まれる可能性があるため、電気シェーバーを使用した後細かい部分はカミソリで補うなど併用すると綺麗に全体の処理が可能です。

 

電気シェーバーですとクリームを使用せずに自己処理を行う場合も多いですが、乾燥肌だった肌が元々弱い人は乳液などを塗ってから電気シェーバーを当てると良いです。

 

脱毛をする

・医療レーザーで脱毛
クリニックで行うことが可能な医療レーザー
脱毛効果はとても高く、資格を持っている専門医が施術してくれるので安心して施術を受けることができます。

ただし痛みが強く、コストもかかってしまうためその点だけが難点。
しかし効果はとても高く早めに脱毛を実感できるため確実に脱毛をしたい場合はおすすめです。

・光脱毛で脱毛
サロンで行われている光脱毛
医療レーザーに比べ痛みが少なく、費用もお手軽な場合が多いですが、長期間見て効果を出していくため早急に脱毛の効果を出したい場合は向きません。
長い目で見て手頃な価格で脱毛を行いたい場合におすすめです。

 

両者にも言えますが、顔の脱毛の施術を行っていないところもありますし、顔だけのプランがない場合もあります。
しっかりと施術を受ける病院やサロンの情報を前調べしておくことも大切です。

 

顔のムダ毛のNG処理方法

顔のムダ毛処理で行ってはいけない方法をご紹介します。

 

・毛抜きを使う
顔のムダ毛を毛抜きで毛を抜くのはNGです。
体の部位でも毛抜きを使うと良くないのは知られているとは思いますが、顔の処理も同様です。

剃ることよりも抜く方が確実だと思いがちですが、抜くことによって肌にとても負担がかかってしまい、毛穴を広げてしまうことにもなります。
毛穴が黒ずんだりニキビの原因にもなってしまいますので、毛抜きで毛を抜く方法は避けましょう。

 

・ホルモンバランスが崩れている時にはやめる
脱毛では生理中の脱毛はおすすめできないというサロンなども多いですが、もちろん顔も同じことが言えます。

生理中や生理の前後というのはホルモンバランスが崩れやすかったりするため肌の抵抗力が落ちていて敏感になっている状態です。
そのため傷などの治癒力も落ちやすく、黒ずみも引き起こしやすいので、できるだけ避けた方が良いです。

 

・毛流れに逆らって剃る
カミソリでやりがちな方法ですが、毛流れに逆らって剃ってしまうのはNGです。

逆らって剃ることによって肌への負担はとても多くなり、肌のトラブルに直接つながってしまいます。
毛流れに剃ると剃りにくく感じてしまうのは確かですが、肌のトラブルを避けるためには必ず毛流れに剃って処理を心がけることが大切です。

 

最後に

顔の毛の処理というのは、気づいた時には処理するけどそうでない時は鏡を見ていても以外と見落としてしまうこともあります。
でも自分が気づいていなくても、顔のうぶ毛は以外と見ている人は見ています。
女性なのにヒゲが…なんてドン引きだれてしまいます。
たとえうぶ毛でも特に男性は女性の顔の毛は見たら嫌だと感じるところです。
自分のためにも、相手のためにもしっかりと意識して処理を心がけましょう。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容から恋愛など女子力を上げる最新情報を続々更新!Re:cawa!!【リーカワ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容から恋愛など女子力を上げる最新情報を続々更新!Re:cawa!!【リーカワ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Sarry

Sarry

美容の専門学校を卒業してエステの仕事をしています!様々なメーカーの化粧品なども扱ってるので化粧品についても知識があります!美容と健康の最新情報を美容の専門的な角度から知識を共有していきます☆応援よろしくおねがいします ʕ•ӫ̫͡•ʔ

関連記事

  • 第一印象アップ!アイブロウの正しい基礎知識、失敗せずに眉を整える方法

  • 日本人の6割が肩こり症!肩こりの原因・治し方・予防・改善方法まとめ!

  • きび砂糖は赤ちゃんにNGってほんと!?砂糖の代用はできる?

  • 体を温めて健康にも良い!ホットスムージーはダイエット・美容・冷え性に効果あり

  • 【乾燥肌必見】保湿力抜群で香る身体へ導くおすすめボディソープとは

  • 乾燥の季節!冬に欠かせないスキンケア方法とは?オススメの高保湿スキンケアをご紹介