1. TOP
  2. お役立ち
  3. 上手にらくらく除毛!正しい方法で使えばメリットたくさんの除毛クリームの効果とは?

上手にらくらく除毛!正しい方法で使えばメリットたくさんの除毛クリームの効果とは?

冬の間は服で隠せるけど、室内に入るとやはり腕をまくれば素肌を晒します。

夏場であれば露出が増えるので当然肌が見える面積も多くなるもの。

そうなるとやはり気になるのは、体毛。

女性であればやはり脱毛をしたり、自己処理を行って毛の処理をしているものだと思います。

 

脱毛サロンなどに通いほとんど毛の処理が必要なくなったという人はほぼ問題なく生活できるとは思いますが、通っていてもまだ終わらなければそれなりに残っていれば毛の処理は必要不可欠です。

自宅で処理する方法として一番ポピュラーなのはカミソリだと思いますがもう一つ活用していくと良い方法の一つとしては、除毛クリームです。

除毛クリームっていまいちいいイメージはない、という人ももちろんいると思います。

メリットがあればもちろんデメリットがあるのは仕方ないことですが、実は上手な使い方、正しい使い方をすること除毛クリームは大変役立つアイテムなのです。

そこで今回は除毛クリームのメリットやデメリットを含めて、効果をご紹介していきたいと思います。

 

除毛クリームの効果とは

脱毛サロンや医療脱毛で脱毛を行ってしまえばほとんどやることのない毛の処理。

ですが100パーセントなくなる、ってなかなか大変です。

自分が満足いく程度までには、お金はもちろんですが時間がとてもかかります。

その間は自己処理で行っていくしかありません。

処理しても処理しても生えてくる毛、女性の悩みの種でしかありません。

 

そこで今回ご紹介していく毛の処理の方法の一つである、除毛クリーム。

脱毛クリームということもありますが、根っこから取り除くわけではないため除毛が正しい表現となります。

永久脱毛までの長い道のりを乗り切るには必要な時に除毛クリームを使用し、上手に使い分けていく必要があります。

 

ムダ毛が生えるスピードというのも一般的には1日にワキ0.3mm、腕や足が0.2mm~0.4mm程度伸びるため数日もすれば目立った毛になっていきます。

どれぐらい伸びてきたら気になってくるか?と言われれば人それぞれで個人差はあるとは思いますが、肌の露出が増える季節であれば少しのムダ毛でさえ邪魔になっていきますよね。

ですが毎日カミソリなどでムダ毛処理をしていくと、肌荒れや炎症、逆にやりすぎることで毛が埋まってしまうなどと問題が増えていってしまいます。

 

除毛クリームのメリット

除毛クリームを使っていくことで良いメリットをご紹介。

①短時間で広範囲のムダ毛処理ができる

除毛クリームのメリットの一つとして、体の広範囲のムダ毛が処理できる点です。

除毛したい箇所にクリームを塗り、一定時間おいた後に拭き取って洗い流すだけなので非常に簡単に処理が可能!

入浴中NGのものもありますが、入浴中でも可な除毛クリームもあるため自分のやりやすい時間を選びながら除毛が可能なのも良い点です。

 

②手軽に購入可能

お店で買えるもので一番お手軽に買える場所は、ドラッグストアです。

種類は限られてしまいますが一般的なものであれば大抵のドラッグストアであれば入手が可能。

お手頃なものであれば500円程度で購入ができます。

大抵は1000円出せはお釣りがくるくらいの価格帯が多くなっています。

 

③肌触りが良い

カミソリなどで処理を行うとどうしても剃り残しができてしまうため、チクチクしたり逆に剃り残しで目立ってしまったりする場合があります。

ですが除毛クリームの場合、毛穴の中までクリームが入り除毛してくれるため処理の後も目立たずつるっとした肌触りになります。

 

④毛が薄くなったと実感することもある

除毛クリームを使用していくことで毛が細くなっていき薄くなった、と実感する方も多くいます。

薄くなったと実感する一つの要因としては成分に抑毛成分が入っている場合に実感しやすくなるのです。一時的であれば抑毛成分があれば問題ないと思いますが継続的に使用したい場合は成分が入っているものを選んだほうが良いでしょう。

次に生えてくる毛が目立たなくなってくる!というのは大きなメリットの一つですよね。

 

⑤継続期間は3日~1週間

カミソリはそって1日~3日ほどですぐに伸びてきてしまいます。

そのためカミソリに比べれば長い、というメリットになり他の脱毛方法に比べれば当然劣ってしまう効果時間ですが使用方法も簡単で、誤って肌を切ってしまったり痛めてしまう可能性も低いです。

もちろんエステと比べてしまえば将来の効果というのは一時的なものでしかありませんが、カミソリなどで処理するよりも肌への影響は少なく、広範囲を綺麗にしたい場合であれば非常にお勧めできます。

 

除毛クリームのデメリット

除毛クリームもメリットがあれば当然デメリットがあります。

 

①肌トラブルが起きないという確証はない

商品によっては肌に合わずに肌トラブルが起きる場合もやはり少なからずあります。

そのため商品を使用する前にパッチテストを行うこと!リスクを抑えて安全に使用する場合は必要な行程です。

パッチテストの基本的な方法は

肌を綺麗に洗った後、ふくらはぎや腕の裏あたりにクリームをコイン一枚分くらいの大きさに塗り、5分~10分程度放置します。その後洗い流し、テストした箇所が赤くなっていないかを確認すればOK。(24時間後目安)

 

②臭いがきつい

私が思う一番のデメリットのひとつが除毛クリームの刺激臭です。

我慢できる範囲ではありますがこの臭いがきつくて好きじゃないという方も多いかもしれません。ですが慣れてしまえばそういう臭いだよなと知ってからできますので意外と慣れはします。

 

③継続するには少々費用がかさむ

除毛クリームを使用して、また毛が生えてきたら除毛クリームをして…と継続的に行っていってしまうとやはり費用がかさんでしまいます。

除毛クリームは使い続けても脱毛効果が得られるわけではありませんので自分の生活で取り入れる隙間があれば使用していきたいアイテムです。

 

除毛クリームの正しい使い方とは?

脱毛サロンや家庭用脱毛器などで使用するよりも継続期間は少ない除毛クリームですが、正しい方法やクリームの選び方をすることで長持ちさせたり肌を綺麗にさせたりすることができます。

 

①抑毛成分が入っているクリームを選ぶ

メリットでもご紹介した通り抑毛成分が入っているものを選ぶのがオススメ!

大豆イソフラボンなどが入っていると女性ホルモンの働きをしてムダ毛の抑制をしてくれる機能があるため大豆が入っているクリームもより効果があります。

②除毛クリームを塗る前に肌を必ずきれいな状態に

肌に汚れが残っていると本来の効果が発揮されず思ったよりも除毛されない、という状態になってしまいます。

そのため除毛クリームを使用する前は、ボディクリームや日焼け止めなどを塗っていればしっかり洗い流して清潔な状態にしてからにしましょう。

お風呂可な除毛クリームもあるのですが、除毛クリームは乾いた肌に塗ったほうが効果が出やすいので、肌を綺麗にするために洗い流した場合でもしっかりと水分を拭き取ってから行うようにしてください。

③ケチらずムラなく塗る

除毛クリームの量によってはケチって量を少なく塗ってしまったりムラがある状態で塗ってしまうことがありますが、肌をつるつるにムダ毛がムラにならないように綺麗に除毛するには

除毛したい範囲の毛がしっかり隠れるくらいムラなくたっぷり使用することが大事です。

④長すぎると反応しにくい

毛が長すぎる状態であるとクリームが毛穴まで浸透せず処理しきれないことがあります。

そのためより良く除毛したい場合はあらかじめ事前にカットしておくと良いでしょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

試したことがある方も試したことがない方も参考になればと思います。

まずはドラッグストアなどで見かけたら手にとってみてはいかがでしょうか?

オススメの除毛クリームなどは次回の記事でご紹介させていただきます!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容から恋愛など女子力を上げる最新情報を続々更新!Re:cawa!!【リーカワ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容から恋愛など女子力を上げる最新情報を続々更新!Re:cawa!!【リーカワ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Sarry

Sarry

美容の専門学校を卒業してエステの仕事をしています!様々なメーカーの化粧品なども扱ってるので化粧品についても知識があります!美容と健康の最新情報を美容の専門的な角度から知識を共有していきます☆応援よろしくおねがいします ʕ•ӫ̫͡•ʔ

関連記事

  • 老化予防・美肌に効果的な炭酸水素イオンとは?おすすめの水をご紹介

  • 整形メイクでメイク美人に!パッチリの自然な二重を作るやり方大公開

  • その顔のシミ、諦めてない?化粧では隠しきれないシミを消して綺麗になろう

  • 【乾燥肌必見】保湿力抜群で香る身体へ導くおすすめボディソープとは

  • 【ワキガで悩んでる人必見!】自己対策はできる?手術法も徹底解説

  • 安く艶肌へ!優秀なプチプラコスメのおすすめファンデーションとは?