1. TOP
  2. お役立ち
  3. 恐ろしい老化物質が話題に!抗糖化を意識した生活習慣で綺麗を手に入る方法

恐ろしい老化物質が話題に!抗糖化を意識した生活習慣で綺麗を手に入る方法

最近肌の調子が悪いと感じていますか?

はたまた、滅多にしたことなかった骨折をちょっとしたことでしてしまったり。

一つの可能性として、もしかしたら糖化が原因かもしれません。

 

糖化ってなに?

体内でタンパク質と余分な糖が結合することにより、AGEs(エージーイー)という老化物質ができてしまいます。

原因としてはお菓子やジュースなどに含まれる糖質が肌を糖化させてしまうことによるものです。

 

このAGEsという老化物質によって老化を促進させてしまっています。

つまり糖質を過剰に摂取してしまうと、たんぱく質余分な糖質が結合してしまい、糖化となってしまうのです。

 

そもそもその糖化というのがよく分からないかもしれませんが、

料理で例えると、スイーツ系の食べ物は砂糖+卵や牛乳を用いてこんがり焼いて仕上がります。

 

それと同様であり、体の中でも同じ仕組みが起こります。

たんぱく質の成分と糖を過剰に摂取して、体温によって熱が加えられることによりたんぱく質が劣化してしまうのです。

これによって老化物質が生まれ、AGEsが体を蝕んでいきます

 

糖化を起こしやすいのはどんな人?

この食後から1時間の間はインスリンが分泌され、インスリンの作用によって血糖値が下がります。一時的に低血糖に陥り空腹感を感じてしまうのです。

ちなみにその時の血糖エネルギーは、インスリンによって脂肪に変えられます

 

血糖エネルギーが皮下脂肪や肝臓にたまる内臓脂肪として蓄積されていくのです。

そのため大食いの人や、外食の際食べ放題ばかりにひかれる人は注意かもしれません。

 

要はメタボ=太っている人は気をつけなければいけないということでうs。

メタボの人は普段から血糖値が高いので糖化の反応も高くなり、AGEsが大量に生成されてしまいます。

 

 

糖化による体の影響とは

糖化が進んでしまうと体には影響があります。

肌にだけ発生するものでもなく、骨や、血管、臓器などたんぱく質が作られている全身の器官に影響が起こり得るものです。

 

体に起こり得る悪影響

■骨質低下

骨粗しょう症、骨折

■肌トラブル

たるみ、黄ぐすみ、乾燥肌

■脳

アルツハイマー、認知症

■目

白内障、網膜症

■血管

動脈硬化

これらの他にも糖化によって影響している障害や病気があるはずです。

AGEsは増え続けることでリスクが高くなってしまうものです。

 

また上記以外の他にも

糖化の影響により、不妊にも影響している場合があります。

 

卵子の老化によって不妊になりやすいと言われますが、最近では卵子の老化の一つとして糖化が関係あるのではという報告もあるようです。

そのため、妊娠しやすい体を作るには高血糖にならないような体づくりが必要であるかもしれません。

 

 

糖化度をチェックしよう

以下の項目に当てはまるものが多い人は、

糖化度が高い生活を送っていることになります。

□早食いだ

□揚げ物が好き

□野菜をあまり食べない

□甘いものをよく食べる

□つい食べすぎてしまう

□パンや麺類をよく食べる

□スナック菓子を良く食べる

□アルコール飲料をよく飲む

□喫煙している

□普段あまり運動をしない

□清涼飲料水を良く飲む

□ストレスを抱えやすい

□睡眠時間が短めだ

あなたは上記のチェックにどれだけ当てはまるでしょうか。

 

少なければリスクは低いですが、項目チェックが多ければ多いほど糖化の進行のリスクは高くなってしまいます。

 

 

糖化を防ぐために生活習慣を改善しよう

糖化を防ぐには現在の生活習慣を改善していかなければ進行が進んでしまいます。

 

■アルコールを減らす

直接的に血糖を上げるものではありませんが、代謝されることにより糖化反応が起こってしまいます。ほどほどに飲む程度で抑えるようにしましょう。

 

■喫煙しない

喫煙者は糖化リスクがとても高い結果があります。

やめられない方は本数を減らすことから始めるだけでも違うかもしれません。

 

■睡眠時間を増やす

睡眠は必ず6時間以上取るように心がけましょう。

また朝起きたら朝の光を浴びることによってメラトニンの分泌力高めます。

 

■運動をしよう

食後の1時間の間が血糖値のピークですので、その間に軽い運動をするだけで変わってきます。

 

■紫外線

活性酸素を増やさないために紫外線にはあまりあたらないように気をつけましょう。

 

 

抗糖化食材を取りいれよう!

第一に言えることは、食べ過ぎには注意!ということです。

最大の原因は糖分の摂りすぎ

 

食材の取り方を意識することによって糖化を防ぐことができます。

またダイエット効果もあるため、食材を制限することはおすすめできる方法です。

 

糖化を進めてしまう食材

・上白糖や人工甘味料

・トランス脂肪酸(マーガリンやマヨネーズ、油分系の物)

・揚げ物や炭水化物

・酸の強い食べ物

・炭水化物

 

糖化を防ぐ食材

●生姜

生姜は抗糖化作用が非常に高くどの食材よりも良い食材です。

冷え性やダイエット効果も高いです。

生姜湯でも、小さじ一杯程度の生姜を料理に加えるだけでも良いでしょう。

 

●ニンニク

抗糖化作用はもちろん疲労回復にも役立つ食材です。

 

●りんご

血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

 

●レモン

クエン酸が糖化を制御します。

揚げ物などを食べる場合はレモンをかけるとAGEsを減らすことにもなります。

 

●お茶

お茶に含まれているカテキンがAGEsの生成を阻害する作用を持っています。

 

●アーモンド

血液をサラサラにしてくれてAGEsの蓄積を防ぎ、体外に排出してくれます。

その他にも抗糖化効果の高い食べ物はあります。

また食材以外にも、香辛料(シナモンなど)もおすすめ。

 

食物繊維を含むものを一番最初に食べることで糖の吸収を抑える効果もあります。

そして大事なのはゆっくり噛んで食べること。

ゆっくり食べながら満足感を得られるようにして食べ過ぎないように気をつけることです。

 

 

女性必見!綺麗な肌を維持するために

糖化が進んでしまうと肌に問題が起きてしまいます。

さらに糖化は炎症を引き起こしやすく、美容的な問題以外にも皮膚炎症を引き起こしてしまう原因の一つなのです。

 

肌のチェックを行い、現在の肌の糖化度チェックをしましょう。

□肌がくすんでいる

□弾力がなくハリがない

□たるんできた

□シワやほうれい線が目立ってきた

□シミが増えた

□口角が下がってきた

□唇がかさついている

□肌荒れがある

□肌のキメが細かくなくなった

これらの項目に多く当てはまっていると肌の老化が進んでいる証拠です。

 

若い肌を維持するためには、化粧をした美しさではなく元の状態を維持することが重要となってきます。

老化は突然起こるものではないですので、日々の生活で見直さなければもっと進行してしまい手遅れになってしまうことも有り得ます。

綺麗な肌を維持するためにも、大好きなスイーツを控えることも大切です。

 

 

最後に

まだこの糖化は広くは認知されてはいません。

しかしこれを知ることによって食生活や生活習慣も変わってくるのではないでしょうか。

体内にも影響があるのはもちろんのこと、

見た目にも影響してしまうため、糖分の制限は非常に大切なことです。

 

<関連ページ>

>>男をトリコにする美肌メソッド!正しいクレンジングの方法まとめ

>>ローラも痩せた!話題のジュースクレンズで痩せるおすすめなやり方!

>>イチゴ鼻は肌断食で解消!毛穴の黒ずみ・角栓を取り除くやり方を紹介

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容から恋愛など女子力を上げる最新情報を続々更新!Re:cawa!!【リーカワ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容から恋愛など女子力を上げる最新情報を続々更新!Re:cawa!!【リーカワ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Sarry

Sarry

美容の専門学校を卒業してエステの仕事をしています!様々なメーカーの化粧品なども扱ってるので化粧品についても知識があります!美容と健康の最新情報を美容の専門的な角度から知識を共有していきます☆応援よろしくおねがいします ʕ•ӫ̫͡•ʔ

関連記事

  • 脱毛のメリットや金額や期間はどれくらい?自宅や脱毛サロンの脱毛方法・種類まとめ

  • サラシアで痩せる!そのダイエット効果とおすすめサプリメントとは?

  • 【モデル御用達!?】通販で買えるコールドプレスジュースを大公開

  • イチゴ鼻は肌断食で解消!毛穴の黒ずみ・角栓を取り除くやり方を紹介

  • 【新型エステ】温め&潰しの痩身機器「ハイパーナイフ」の効果とは?

  • アイメイクの順番で化粧崩れをなくす!1日中直し要らずのメイク方法