1. TOP
  2. ダイエット
  3. 冬は太りやすい季節!原因と予防法を知っておデブ行動を解消しよう

冬は太りやすい季節!原因と予防法を知っておデブ行動を解消しよう

ダイエット 健康
この記事は約 5 分で読めます。

冬は食べ物が美味しく、楽しいイベントも多いので自然と体重も増え太ってしまいやすい季節になります。

色々要因はありますが、冬太り太ってしまった体型を戻すのってなかなか大変ですよね。

ダイエットは辛いものですからできることなら太らず冬を越せれば一番です。

今回は冬に太らないようにするための予防方法や対策方法をご紹介いたします!

 

冬に太る原因って何?

SONY DSC

冬に太る原因として

①運動不足で体が冷える

②暴飲暴食になりがちな食生活

③体が冷える

これらが体を太らせる原因の大きな3大要因でしょう。

 

冬は気温の低さから、体が冷えやすく免疫力も下がりやすくなる季節です。

体の機能が衰えやすくなるため、体を動かすことも億劫になり運動不足にもなりやすくなります。

そうであるのにも関わらず、クリスマスやお正月、飲み会でいえば忘年会や新年会などの予定がたくさんあるのが冬。

食べ物が美味しいですしお酒を飲む機会も多くなってしまうので、お腹周りのお肉は着々と増えて行ってしまいます。

また寒さから、体が寒さに備えて栄養素を取り込もうとするため必然的に太りやすくなってしまうのも原因の一つであり寒さに備え体が脂肪を蓄えようとします。

 

また冬になると太るのと同様に、むくみやすくなるという人がいますが、これは冬の寒さが大きな原因。

冬の冷えは体のむくみを引き起こす要因のため、むくむことで太ったようにも見えてしまうので冷えを軽減させるような対策も自然と必要になってきます。

寒いからこそ起きてしまう原因ばかりですので、その原因をしっかり理解し少しだけでも改善していくことで体重の増加を抑えることにつながり軽減させることが可能になります。

 

冬太りを防止するのに効果的な方法とは?

冬になり太ってしまうのは仕方ない、と諦めていませんか?

確かに我慢するくらいなら冬くらい太っても良いか!なんて気持ちでいる人もやはり少なからずいることでしょう。

ですが、冬の体重増加をまた暖かくなったときに減らす努力もなかなかの苦行のはず。

であれば少しでも予防をし、冬太り対策をできるようにできれば気は楽ですよね。

 

①運動を心がける

冬になると体を動かすのが億劫にはなってしまいますが、普段の中で体を動かすことは大切なことです。

あえて運動しよう!と走り込んだり筋トレをして見たりといきなりガラッと変えようと思うと続きにくくなりますので、普段の生活の中で取り入れていくことが良いでしょう。

 

エスカレーターと階段であれば階段を使う、電車の中で椅子が空いてても立っている、仕事でデスクワークが多くても、たまに立ってストレッチを行う、など簡単なことからで良いのです。

これだけでも凝り固まってしまう体をほぐすことにも繋がりますので、こまめに体を動かすように心がけることが重要となります。

体を動かすことで代謝も上がって行きますので、自宅でもストレッチなど簡単なことを日常で行っていくことも効果があります。

 

②食事内容に気を使う

冬は美味しいものをよく食べる機会も増え、量も当然増えて行きます。

摂取カロリーが増えるのに消費カロリーが減ってしまうのですから太るのは当然ですよね。

ですが運動も心がけつつ美味しいものを食べることを我慢するというよりも、なるべくバランスの良い食生活を意識することを忘れないことが大切。

 

バランスの良い食生活は、体内の機能を高めていくことになるので、太りにくい体を作っていくには特に重要なポイント。

また冷えはむくみを引き起こすので、体を温める食べ物を積極的に摂取していくのをおすすめします。

 

具体的には緑黄色野菜や海藻、根菜類などがおすすめ。

水分や油分が少ないものを撮ることで体を温める作用があります。

生姜など定番の食材などを使用して、体を温める食材を使ってスープなどを食生活に多く取り入れていくと良いでしょう。

バランスの良い食事を取っていれば痩せるというわけではなく、もちろんある程度暴飲暴食は避けることが重要。

遅い時間に食事を取ったりなるべくお酒の量は減らしたりと、改善できるところは改善していかないと変わらないことは理解しておく必要はあります。

 

③お風呂やカイロで体を温める方法をとる

冷えは代謝が落ちるのでむくみを招いてしまうのでなるべく体を温めることを優先で考えると良いでしょう。

食べ物で体を温めることを考えることも大切ですが、それ以外であれば

カイロなどで下腹部や腰部分温めたり長めに湯船に浸かったりするようにしましょう。

 

お風呂は血流をよくするためには一番簡単な方法ですので、40度ほどの熱くない程度のお湯で10分以上浸かるようにすると良いです。

お風呂に入っているときにマッサージをするのも効果的です。

お風呂に入る場合、寒い浴室内にいきなり裸で入るのは血管系の疾患を起こす可能性もありますので浴室内をほどよく温めてから入るようにしましょう。

 

最後に

冬太りを解消、予防していくには代謝をあげて生活習慣をよくすることが第一となります。

厚着をしているときは体型を気にしにくく、冬太りって冬が終わってから「やばい!」と気づくことが多いと思います。

なので冬前から冬の間は、予定も大事にしつつ、軽い運動と生活習慣をよくしてバランスの良い食事を心がけるように意識することが大切です。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容から恋愛など女子力を上げる最新情報を続々更新!Re:cawa!!【リーカワ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容から恋愛など女子力を上げる最新情報を続々更新!Re:cawa!!【リーカワ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Sarry

Sarry

美容の専門学校を卒業してエステの仕事をしています!様々なメーカーの化粧品なども扱ってるので化粧品についても知識があります!美容と健康の最新情報を美容の専門的な角度から知識を共有していきます☆応援よろしくおねがいします ʕ•ӫ̫͡•ʔ

関連記事

  • ストレスは『美容』の敵!ストレスの原因とストレス解消方法まとめ

  • 【 菌種早見表 】Google検索『菌活サプリ』上位50位以内で紹介されているサプリをランキング!

  • ダイエットをしても繰り返すリバウンド!太りにくい体質を作るために気をつけたいこととは?

  • オートミールで健康ダイエット!飽きない・おいしい食べ方を紹介

  • 正しい使い方は?マウスウォッシュで【虫歯予防】おすすめ5選を紹介

  • 頭のコリはブスになる?原因を知り頭皮のケアをして硬い頭をやわらくしよう